お酢の効果

POINT.1  病気になりにくい体に

人間の健康な血液は弱アルカリ性とされており、お酢は体内バランスを弱アルカリ性へと調整してくれる効果があります。 

更に、お酢の大部分をしめるクエン酸は体内の疲労物質を分解します。血管の詰まりの原因だった疲労物質が分解される事で血流が良くなり、血圧が正常化。血液の流れは体質改善の重要なポイントなので、生活習慣病予防に効果的です。

生活習慣病の予防に!

POINT.2  歯と骨を丈夫に

骨や歯を作りイライラも抑えるカルシウムは、水に溶けにくく、実は摂取しても体から出ていってしまうもったいない状態に。お酢のクエン酸はカルシウムの吸収率を上げる働きがあり、体内にしっかり吸収されるので歯や骨をより丈夫にすることに繋がります。

クエン酸・カルシウム

POINT.3  疲労回復効果

クエン酸は疲労物質を分解するので、疲労回復効果があります。特に夏バテや二日酔いの際は、疲労物質が凝り固まっているのでお酢を摂取するとより効果を実感する事が出来ます。

パッケージ

POINT.4 腸内環境を整える

お酢に含まれるグルコン酸が腸内の善玉菌を増やし、善玉菌を活性化する事で、腸内環境を整える効果があります。お通じがよくなればダイエット効果に繋がり、悪い物質を身体に溜めないので肌荒れ改善効果も!

腸内環境